主な活動:平成23年度

「自民党街頭演説会及び街頭遊説活動」を実施・松田青年部長街頭演説

平成24年3月25日日吉津会場午前11時~ 鳥取会場午後4時30分~

鳥取県連広報宣伝車「わかとり号」が新しくなったことに伴い「自民党街頭演説会及び街頭遊説活動」が実施された。
「わが国の領土と主権を守ろう!」をテーマとし、青年部局のメンバーで境港市・米子市・倉吉市を中心に街頭遊説し、新「わかとり号」から領土問題、そして震災がれき処理の問題についての自民党の政策を訴えた。
街頭演説会は日吉津「旧吾平駐車場」、鳥取「JR鳥取駅前」で開催された。日吉津では赤沢亮正衆議院議員、鳥取県連幹事長内田博長県議会議員とともに松田青年部長が登壇し、領土問題に対する教育の重要性、東日本大震災がれき広域処理の考え方などを力強く訴えた。
鳥取駅前では石破茂衆議院議員が熱弁。青年部局メンバーはみぞれ、あられの降り続く悪天候の中、沿道の方々に手を振り、自民党を力強くアピールした。

ページの先頭に戻る

自由民主党主催「竹島の日現地街頭演説会」を開催・松田青年部長登壇

平成24年2月22日午後3時~、松江宍道湖温泉駅前駐車場

takesimamatuda01 takesimamatuda02

昨年に引き続き、2月22日「竹島の日」に伴い、自民党主催による「竹島の日現地街頭演説会」が開催された。
中国ブロック県連青年部・青年局のメンバーが島根県松江市に集結、鳥取県連からは、田中伸吾 青年局長、松田正 青年部長が参加し、島根県主催による「竹島の日記念式典」とともに、その後の街頭演説会に参加した。
街頭演説会は、自民党所属国会議員、中国ブロック県連青年部・青年局有志を弁士とし、鳥取県連からは、松田正 青年局長が登壇し、竹島問題に対する教育の大切さなどを力強く訴えた。
最後は、小泉進次郎青年局長の熱い演説で締めくくり、不法占拠されている竹島は、日本固有の領土であると訴えた。

ページの先頭に戻る

機関紙『自由民主』に松田正青年部長が寄稿、掲載される。

matudakiji01
H24.2.14.発行、機関紙『自由民主』より抜粋

クリックすると拡大します。

ページの先頭に戻る

「平成23年自由民主党中国ブロック青年部・青年局合同会議」を開催

平成23年11月16日(水)午後3時30~、米子全日空ホテル

chuuburo_seinen_23_1 chuuburo_seinen_23_2

平成23年自由民主党中国ブロック青年部・青年局合同会議が開催された。
毎年、全国8つのブロックごとで開催される「自由民主党青年部・青年局合同会議」中国ブロックの今年の開催は鳥取県。党青年局長に就任した小泉進次郎衆議院議員を迎え、 開催県鳥取から14名、各県連・党本部から22名、計36名が出席した。
田中伸吾鳥取県連青年局長、稲田壽久鳥取県連副会長の歓迎のあいさつの後、小泉進次郎青年局長があいさつし、青年局長としての意気込みを語った。
小泉青年局長の「議論の時間を多く取りたい」という意向に沿い、報告の時間を大幅に短縮し、議論の時間を多く取り、活発な意見交換がなされた。
『党員獲得の問題点』『領土問題』『地方議会・選挙の問題点』『国土強靱化』『TPP問題』など多岐にわたる議論がされ、充実した会議となった。その後、懇親会・二次会が開催され、小泉青年局長も参加。各テーブルをまわり、中国ブロック青年部局役員たちと熱く語り合い、親睦を深めた。 翌日は、恵まれた天候の中「親睦ゴルフコンペ」が行われ、役員同士で親交を深めた。

ページの先頭に戻る

「平成23年度自由民主党鳥取県支部連合会青年部・青年局・女性部合同大会」を開催

平成23年6月19日(日)午後1時~、ホテルニューオータニ鳥取

goudoutaikai_23_3 goudoutaikai_23_2

平成23年度自由民主党鳥取県支部連合会青年部・青年局・女性部合同大会が開催された。
初めに東日本大震災において犠牲となられた方々に黙祷を捧げ、続いて国歌及び党歌を斉唱、そして、福本 青年部長、入江 青年局長、広江 女性部長の挨拶の後、来賓の石破茂 衆議院議員、赤澤亮正 衆議院議員、濵田和幸 参議院議員、山口享 会長、広江弌 会長代行からの挨拶があり、 稲田壽久 副会長、上村忠史 総務会長、野田修 政調会長、福田俊史 広報委員長、内田隆嗣 政調副会長が紹介された。
大会記念講演では、佐藤ゆかり参議院議員が「日本経済の再生と復興政策」と題して約1時間にわたって講演した。
議事では、青年部・青年局並びに女性部の活動報告及び活動方針案がそれぞれ採択され、役員改選で、新青年部長に松田正氏(新任)、新青年局長に田中伸吾氏(新任)、新女性部長に広江恵子氏(留任)を決めた。
最後に、青年・女性が一丸となって衆議院総選挙の必勝を誓うとした大会アピールを採択し、さらに東日本の一日も早い復興と自由民主党の発展を目指したガンバローコールをもって閉会した。

ページの先頭に戻る

「福島産野菜 全国一斉チャリティー街頭販売会」を開催

平成23年6月11日(土)午後2時45分~、JR鳥取駅前

yasaihanbai_2 yasaihanbai_1

東日本大震災から3ヶ月が経過した6月11日、震災発生時刻の午後2時45分にあわせて、青年部・青年局の主催による「福島産野菜チャリティ販売会」が全国一斉に開催された。
販売に先立ったセレモニーでは、東日本大震災で犠牲となられた方々に黙祷を捧げ、福本青年部長の挨拶及び趣旨説明の後、地元選出国会議員が今も苦しむ被災地の現状と政府対応の不手際を指摘し、わが党の震災への取り組みを街頭から訴えた。
販売会では、1人で10袋も購入して頂く方もあり、用意した野菜は僅かの時間で完売した

ページの先頭に戻る