第86回自民党大会が開催されました。

  • カテゴリー:活動報告
  • 投稿日時:

  平成31年2月10日(日)、第86回自由民主党大会が「平成のその先へ 新たな時代を切り拓く」をメインスローガンに、東京都内で開催され、国会議員や47都道府県連代表のほか、表彰者などの皆さんが出席しました。
 安倍晋三総裁は、参議院議員選挙について、「厳しい選挙になるが、まなじりを決して戦い抜く。その先頭に立つ決意だ」と表明しました。
 二階俊博幹事長から、平成31年運動方針において、今年は統一地方選挙と参議院議員選挙が行われる12年に1度の政治決戦の年であり、総力を挙げて統一選挙の必勝を期し、勢いを加速させ参議院選挙で勝利を得ること、「120万党員獲得運動」を引き続き展開し、党勢拡大を図ることとされました。
 また、谷垣禎一前総裁が登壇し、統一地方選挙、参議院選挙に勝利し、安定した政治を作っていただきたいとのスペシャルスピーチがありました。
 大会では、多年にわたる党活動並びに組織活動に貢献された方々が表彰され、鳥取県内の優秀党員、優秀党組織、友好団体、協力者の皆さんも栄誉ある総裁表彰、感謝状を受賞されました。なお、鳥取県連は平成29年党員獲得運動で貢献があったとして、党勢拡大特別表彰・銅賞を受賞しました。
 最後に、参議院選挙の公認候補者の紹介があり、舞立昇治参議院議員が力強く決意表明しました。

 

(党大会会場内の様子)

20190210_115117