平井鳥取県知事に立候補を要請しました。

  • カテゴリー:選挙情報
  • 投稿日時:

 平成30年12月15日、石破茂会長が、平井伸治鳥取県知事に対し、次期知事選挙に立候補するよう要請しました。
 石破会長は、「3期12年の県政運営に対する姿勢、実績を高く評価し、引き続き、継続性と先見性を持って、地方創生の旗手として、県政を担っていただきたく、次期鳥取県知事選挙の候補者に推薦することとしました。ついては、知事選挙に立候補されるよう強く要請します。」との要請書を、平井知事に手渡しました。
 また、4期目の期待として、「平井知事には、第2期目に入る地方創生に、知事会のリーダーとして47都道府県、1718市町村を引っ張っていくような活躍をお願いしたい」とも発言されました。
 平井伸治知事は、「国政の場から我々を支援してくださった組織の中から声を頂いた、また、県議会の最大の皆様を背景に声を掛けて頂いたことで、その重みというのはひとしお感じる」、「前向きに考えなくてはいけない」と述べられました。

DSC_1228